答えがわかりづらいことこそ、探求の価値がある

デザイナーが挑戦する「組織デザイン」

 デザイン責任者として、デザインリニューアルからサイトグロースまで多くを経験し、現在はマネタイズ制作責任者を担う木村さんは2015年入社。「なぜそのデザインにするのか?」を限界まで突き詰められる思考力や企画力を武器に進み続ける彼を追いました。(聞き手:藤田)

f:id:leverages200546:20180806092129j:plain

インタビューした人

木村 (Kimura)
テクノロジーメディアラボ UIデザイナー/UXデザイナー

プロフィール

2015年新卒、デザイナー職として入社。入社後メディアシステム部に所属し、レバテック関連のメディア制作・デザインを担当。その後テクノロジーメディアラボに異動し、運営メディア「teratail」のデザインを設計から担当、組織内コミュニケーションのデザインにも職域を広げている。趣味はロードバイクと映画とコーヒー焙煎。

自分の手足を使って、新しい組織や文化を作りたい

デザイナー職の就職活動と、入社の決め手を教えてください。

 就職活動をしていた頃の僕は「デザイナーは世の中でどのように活躍していけるのか」というイメージがついておらず、イメージをつけるためにインターンもたくさん経験しました。わからないなりにも色んなところで経験していった結果、「早く人に価値を与えられるデザイナーになりたい」と思ったんです。そのために「早く」成長していける環境はどこかと考えたときに、「成功体験と失敗体験を早く回せてる人たちは成長が早いな」と気づきました。

 そう思った理由は、例えば大企業のデザイナーだと、先輩や上司がたくさんいる分、”自分の判断”で世の中に向けて自分のデザインしたものをリリースして、そこからフィードバックを得る機会がほとんどないと思ったのと、逆にベンチャーなどの小さな組織ではそれができていて、圧倒的に若手が活躍していると感じたからです。僕もアウトプットを世の中にぶつけて、世の中からフィードバックをもらって「早く成長したい」と思ったのでベンチャー企業に絞りました。また、新しい組織や文化を作るところに興味があったので、デザイン組織があまり整ってない環境で働いてみたいと思っていました。自分たちでより成果を出せるデザイン組織を作ることができるのは面白そうだなと。 レバレジーズは当時デザイン組織が色々整ってない環境ではあったけど、ちゃんと刺激し合える専門性の高いメンバーが周りにいる点に魅力を感じたことが決め手になりました。

f:id:leverages200546:20180801150823j:plain

現在の仕事内容を教えて下さい。

 現在、月間100万人が利用するエンジニア向け問題解決プラットフォーム「teratail」を運営するテクノロジーメディアラボに所属して、今はマネタイズチームのデザインを担当しています。要は収益を目的として発生する企画制作や、広告系のタイアップ企画をしていく立場です。

 よりよいデザインのアウトプットを出せるように、特に意見を交わすのはチーム内の営業職メンバーです。営業職メンバーは、クライアントの数字目標をしっかり達成する事がミッションとしてあるのでクライアントファーストになってしまいがちですが、デザイナーの自分が「ユーザー視点」でメディア側の意見を持って議論していくことが重要だと思っています。クライアントの目的だけを達成するデザインをしてしまうと、短期的には効果がある場合はありますが、メディアに中・長期的影響が出てしまう場合もあるんです。ユーザーの視点と、クライアントの視点をうまく折り合いをつけて、バランスをとっていかなきゃいけないっていうのは、難しいところであり面白さに繋がっています。

ロゴ作りだけが仕事じゃない、探求する価値のあるものを思考していく

「デザイナー」の仕事領域を教えてください。

 最近は特に「デザイン」という意味合いが広がってきていると感じます。「デザイナー」というと、図や絵を描いたり、ロゴを作ったりすることだけが仕事だと思われる事もあるんですが、実際にはやる事はたくさんあるんです。意外に思われるかもしれないですが、「チームビルディング」もデザインに入ることもあります。チームのルール作りや、コミュニケーションのデザイン、組織のデザインだってあるんです。僕は組織デザインに興味があるので今そういった視点でもデザインの仕事をしています。組織デザインまで大きな話になってくると、一人でできる事は少なくて、人を巻き込んでいくことから始まります。チームメンバー、事業部メンバー、ひいては事業部長まで巻き込んでいくことが大前提になっていくので、いかにコラボレーションをうまくしていくかが重要になってきます。周りの人を巻き込んで仕事をする時、どうやったらその人に主体性を持って動いてもらえるかはすごく意識していますね。

f:id:leverages200546:20180801150827j:plain

デザイナーを目指したいと思ったきっかけは何ですか。

 子供の頃から探求することが好きでした。デザインとか絵とかって答えがわかりづらいじゃないですか。だから面白いんですよね。わからないものを見つけて「なぜそうなっているんだろう?」と考えて、調べると答えが少しずつ見えてくる。けど、また違う疑問が生まれてくる、というプロセスが好きなんです。どんな角度からも仮説は立てられるけど、その中でもどれがいいんだろうって考えるのがワクワクします。

 昔から絵を描くのが好きだったのでデザイン系の大学に進学し、そこでプロダクトデザインをやっていました。パソコン、携帯など製品のスケッチ等を描いてたんですが、先生のフィードバックが感覚的なものが多かったんです。自分では「カッコイイ」と思うものを提出しても、理由がわからないまま「カッコよくない」と言われる。その時に「誰の何のためにデザインするのだろう」と悩んだんですが、「人間中心設計」という手法に出会ってからデザインが一気に楽しくなりました。ざっくりと言うと「こういう価値観や要求を持っている人を対象にする場合、プロダクトの形や色や振る舞いは、どうあるべきか」という考え方のデザイン手法です。この手法に出会って「どういった理由で誰に何をどのように届けるのか、そのためにどのようなデザインが必要なのか」と考えながら行う”理由のあるデザイン”は面白いな、と思うようになりました。

ちゃんと知らないことを知る。そこから見えてくる課題を追っていく

大事にしている言葉はありますか。

 「無知の知」です。入社して3年くらい経って振り返ると、いろんなことを「知ったつもり」になって、考えないことが多くなったなと思ったんです。例えば、広告デザインだと「このポイント押さえておけば絶対効果が出る」とか経験則でわかる時がある。それはそれで効率化になってるからいいんですけど、それ以上考えなくなるじゃないですか。それを一旦抜けて考え直すことで、新しい発見があると感じたんです。思考停止してる状態が嫌だなと。だから「自分は、ちゃんと知らないんだな」ということを知ろうっていう意味で、この考えは大事にしています。

f:id:leverages200546:20180801150835j:plain

これからやっていきたいことを教えてください。

 僕自身は、コミュニケーションのデザインスキルを高めていきたいと思っています。要は良いチームを作れる人になりたいんです。なぜ良いチームを作りたいかというと、良いチームがないと、良いプロダクトが生み出せなくて、世の中に良い影響を与えられないと考えているから。そのために今のチームでも、チームの能力が最大限発揮できるようにするとか、成果を最大化できる余地があると思っているので、注力をしています。例えばコミュニケーションがうまくいってないことによって成果が出ていない、あるいはメンバーのモチベーション下がってしまうケースもあるので、改善のためにチームでワークショップを開いたりして少しずつ改善しています。

 そのほかは、ちょうど今、社内にデザイナーが増えてきたので、デザイナー組織を強くするためにも自分自身の専門性を高める必要があると思っています。領域について僕は割とジェネラルにやってきた背景があるので、UIやUXの領域で専門性を高めて、牽引していけるような存在にならないといけないと思っています。