2021年度上半期を振り返る全社総会

社員の「よかったの追求」を表彰

f:id:leverages200546:20211201104159j:plain
レバレジーズは、4月と10月の年2回、活躍した社員を表彰し、半期の業績を振り返る全社総会を開催しています。10月の全社総会は、コロナウイルス感染予防のため、オンラインとオフラインを交えて行われました。今回は、表彰や代表スピーチの様子など、イベントの雰囲気をリポートします。感染対策を徹底しつつも、大盛況を収めた全社総会の様子をご覧ください。(リポート:内田)

■目次
1.全社総会とは
2.社員表彰「レバ・アワード」
3.代表のプレゼンテーション
4.執行役員のプレゼンテーション
5.全社総会まとめ

全社総会とは

f:id:leverages200546:20211201104237j:plain
レバレジーズグループの全社総会は、社員が会社に愛着を持てるようにすることと、全社戦略を浸透させることを目的に開催しています。
例年、全国にある各支店の社員が東京会場に集まり開催されていましたが、2020年度上半期以降は、新型コロナウイルス感染症対策としてオンラインで実施しています。今回は、緊急事態宣言の解除を受け、オンラインとオフラインを交えての開催となりました。

社員表彰「レバ・アワード」

「レバ・アワード」は、年度ごとに決まるレバレジーズグループのテーマを基準に、最も成果を出した社員を部門別に表彰するものです。評価される人の共通点や特徴を社員に認知してもらうために、成果を出した社員へスポットライトを当てています。

今年は、2021年度のテーマ「よかったの追求」を体現しているかどうかが表彰基準となりました。「よかったの追求」には、顧客から「出会えて良かった」と思ってもらえるサービスづくりをしようという想いが込められています。 「顧客をはじめとする関係者からの『よかった』を追求し、それによって成果をあげたこと」を基準に表彰されました。 f:id:leverages200546:20211201104306j:plain

レバ・アワードが幕を開けました。
今回は感染対策のため、MVP候補者と事業部長以上の役職者のみ会場へ足を運び、その他の社員はオフィスからオンラインで参加しました。また、イベントを盛り上げるため、オンライン出席者は候補者を応援する手作りうちわを用意したり、華やかな背景画像を設定するなど工夫を凝らします。 f:id:leverages200546:20211201104329j:plain

チームメンバーが表彰されると、オンライン出席者は手にしたうちわを左右に激しく振って大盛り上がり!レバレジーズ社員の温かさを感じました。

また、MVPは、総会当日に対象者が発表されます。参加した候補者たちが緊張した面持ちで椅子に腰かけている様子が印象的でした。 (※会場の感染対策として、手指の消毒、フェイスシールドの着用、テーブルや座席同士の距離の確保などを徹底しました。)

受賞者は、各部門の部長から盾を受け取り、受賞の感想を述べます。厳正なる審査のうえ、見事受賞された方々を覗いてみましょう!

ベストスタッフ賞(対象:間接部門)

f:id:leverages200546:20211201104347j:plain f:id:leverages200546:20211201104357j:plain

ベストマーケター賞(対象:マーケター、デザイナー)

f:id:leverages200546:20211201104516j:plain
f:id:leverages200546:20211201104525j:plain

ベストエンジニア賞(対象:エンジニア)

f:id:leverages200546:20211201104603j:plain
f:id:leverages200546:20211201104613j:plain
f:id:leverages200546:20211201104643j:plain

ベストセールス賞(対象:営業職)

f:id:leverages200546:20211201104726j:plain
f:id:leverages200546:20211201104752j:plain
f:id:leverages200546:20211201104814j:plain
f:id:leverages200546:20211201104830j:plain
f:id:leverages200546:20211201104845j:plain f:id:leverages200546:20211201104917j:plain
f:id:leverages200546:20211201104934j:plain

ベストリーダー賞(対象:全職種のリーダー)

f:id:leverages200546:20211201104953j:plain
最後は、ベストチーム賞の発表です。プロジェクトチームを含むチームを対象に最も活躍したチームに贈られる賞です。

ベストチーム賞(対象:社内における全チーム・グループ・プロジェクト)

f:id:leverages200546:20211201105015j:plain
f:id:leverages200546:20211201105024j:plain

代表のプレゼンテーション

表彰式を終えたあとは、岩槻代表から各事業部の振り返りや今後の方針についてプレゼンテーションが行われました。 なかでも、今年度のテーマである「よかったの追求」に関する話は印象的でした。 melev.leverages.jp f:id:leverages200546:20211201105104j:plain

代表 岩槻:「『よかったの追求』とは、サービス利用時の顧客の手間を減らし、サービスに対する質的満足度を高めることで、顧客ロイヤリティ(企業に対する信頼や愛着の大きさ)を向上させることです。この顧客ロイヤリティを向上させることが、「顧客に選ばれるサービス」になるための鍵であると考えています。 そのため、顧客から「このサービスに出会えて良かった」と思ってもらえるサービスづくりに会社一丸となって取り組んでいきたいです。」

全社で「よかったの追求」を実現することを、改めて認識できたプレゼンテーションでした。 f:id:leverages200546:20211201105050j:plain

執行役員のプレゼンテーション

執行役員がステージから呼びかけたのは、「あなたは、自分がレバレジーズを作ってきたと胸を張って言えますか」という言葉でした。

レバレジーズは今、変革の真っ只中。3~4年後には社員数と売上を倍にし、日本の誰もが知る企業を目指しています。新卒社員でさえも、3~4年後には会社の中核を担うポジションに就く必要があり、レバレジーズの成長には社員の成長が欠かせません

執行役員 藤本:「会社の成長に合わせて社員がついてくることができれば、振り返ったときに、自分は成長したと胸を張って言えるようになるのではないでしょうか。業務量を倍にしてほしいとは思っていません。自分が今できることから、ほんの少しだけ新しいことにチャレンジしてみてください。たとえば新規事業を考えてみる、事業の数値を自分で分析してみる、チームの雰囲気づくりをしてみる。

社内で活躍している人に目を向けると、自分の業務以外にも積極的に取り組んでいます。そのような人がもっと増えて、レバレジーズを作ってきたと胸を張って言える人で溢れる会社になれば嬉しいです。」

組織の急拡大が進むなかで、自分自身の行動を見つめ直すきっかけになりました。 f:id:leverages200546:20211201105148j:plain
f:id:leverages200546:20211201105158j:plain

今年度のレバレジーズは、顧客の感情を「よかった」へ近付ける

代表や役員の言葉で締めくくられ、約2時間に及ぶ全社総会は幕を閉じました。

今期はオンラインとオフラインによる全社総会でしたが、遠隔で参加した社員にも会社の想いは届き、全社の士気が高まったと感じています。 これからも社員一人ひとりが少しの努力を重ねて、レバレジーズの成長を加速させられるといいですね。 以上、2021年度の上半期を振り返る全社総会の様子をお届けしました!